人気ブログランキング |

*小さな幸せ 小さな喜び* rose1669.exblog.jp

日々のことあれこれ。 By 愛


by silentblue1669
プロフィールを見る
更新通知を受け取る

素肌と向き合う。

e0211213_11224573.jpg

肌が疲れモードになっている・・・。本来は毎日のお手入れで使用しなければいけないだろうが、もったいないのです。毎日、惜しみなく使うのが・・・。年下の子達に「美容液使っていないってマジ信じらんない・・・。」って。馬鹿にされたので毎日仕様を勝手に週末仕様にして美容液を使い始めた。日頃10から14も若い女の子を間近で見ていると、ゆで卵のような肌質に羨ましく思う。あの子たちは、毛穴が開いていないのだ。夕方の黒ずんだような肌色がないのだ。

野菜の消費量は多いと思う。肉も魚も卵も食べている。日々のラクトフェリンにイソフラボンも摂取。毎月1回の美肌の温泉に通ってはいる。全国2位の成分。日々、浸かると某温泉旅館の女将の白玉肌になれるかもしれない。

女将も私と同じ秋田と新潟のハーフ。肌を間近で見る機会があったが近眼と乱視の私が見てもパツッパツのスーパー色白肌。

昔は「餅子」と呼ばれたほど、もちっもちだったのに、紫外線と乾燥に老齢化と日々のストレスも加わり年相応の肌になってしまった。化粧を落とした顔は、もはやどうしようもないくらい欠点だらけなのだ。コンプレックスだらけの素肌。華やかな顏の人は化粧を落としても華やかさでカバーできることを・・・。彫の深さも・・・。思い知らされた(涙)。ちょっと敗北感も感じた。私も女なのです。

出産・仕事に加え日々の家庭を担う同年齢の女性より若く見えるらしいが(経験不足というのもあるだろうと思う。)鏡を見れば一発でわかる欠点。持って生まれた地味顔。新潟の血が勝ってしまった、こけし顏なのだ。こけし顏に加え年を重ねていく際のダメージと今後どうつきあえばいいのだろうか。若作りはしないで年相応にが一番いいのだけれど・・・。

三日坊主の私がゆういつ続けているのは洗顔の後の冷水で顔洗い。「しゃっけぇ(冷たい)。」と言いながら目覚める早朝。標準語をできるだけ話すようにはしているものの、ふとした瞬間に里言葉は出るものです・・・。イントネーションが、どんなに標準語を話していると思っていても訛りがあるのです(汗)。

写真は女性らしい写真を集めて1枚に・・・。
左上:乙女のポピー(野に自生するナガミヒナゲシ)
左下:蜷川実花の写真から。勝負な女のイメージ。くっきり角山ふたつのリップラインです。
右上:美しい人へ・・・。秋の晴れた日のBella Donna。
右下:小悪魔的な女性が目に浮かぶドリコス・ラブラブ。

なんとなく自分は、風に舞う野に咲くポピーです(笑)。気高く美しい薔薇のようでもないし、小悪魔的な女ともほど遠いし。美を目指し戦う女でもなく・・・。自然のままに行きましょうか・・・
by silentblue1669 | 2016-01-11 11:49 | 日々のこと