*小さな幸せ 小さな喜び* rose1669.exblog.jp

日々のことあれこれ。 By 愛


by silentblue1669
プロフィールを見る

蜷川実花ワールドへ 新潟市万代島美術館

e0211213_2156387.jpg

e0211213_21562017.jpg

e0211213_21563323.jpg

e0211213_21564736.jpg

e0211213_215795.jpg

e0211213_2157256.jpg

午後から休みの平日。蜷川さんの写真展を見てきました。じっくりと拝見。蜷川実花というと私が真っ先に思い浮かぶカラーというと「赤」。それも艶めかしい赤でした。

フラッシュをたかなければ、自由に撮影できるフロアがあり何枚か撮りました。UPしている写真です。芸能人のポートレイトを集めたフロア。多くの写真がありましたが・・・。その中でも自分が好きだなと思う芸能人の写真は矢沢永吉でした。蜷川実花が撮る矢沢永吉のテーマは「赤と黒」。渋くいながら華やかなで、男は若いだけが美ではない。トーンが落ち着いた黒みがかる赤がテーマの豊川悦司も印象に残る一枚。

青空の下の何気ない工さんの写真もありました・・・。工さんの写真集を蜷川さんが撮られているのは知っていました。見本があり見ました。うーん・・・。日常のふとした写真は京都よりは東京で撮影した写真集の方が私は好きでした。しかし写真集の大半のページが、どうにもこうにもセクシー路線?。

裸の工さんは・・・。アートと呼べるのか、単なるエロティックで終わるのか。微妙なんです。これらのページ、私的に不必要。ふとした生活の1枚の時の工さんのほうがドキっとするんですよね。

立ち読みをした若い女の子たちは、キャーキャー言って騒いでおりましたが・・・。普通に見ている私は、若くないってことか・・・。

私が時折、どきっとするのは・・・。表情とか自分に向けられた言葉とか・・・。男の色気ってむしろ日常の、ふとした瞬間・・・。そう思います。ささいな日常の一瞬にこそ感じるんです。

ふと蜷川さんの写真展を拝見しながら考えてしまった平日の午後でした。

1枚目は、信濃川と新潟市の街並み。中央区繁華街です。右側の海の向こうの島は佐渡島。佐渡島は、まだ行ったことがありません。この風景を見ると新潟市だなあって思うのです。

3枚目の写真も好きでした。青空に黄色の花。お友達に送るポストカードを購入したり。ミュージアムショップは、楽しいので大好きです。
[PR]
by silentblue1669 | 2015-12-10 05:05 | アートな世界へ | Comments(0)