*小さな幸せ 小さな喜び* rose1669.exblog.jp

日々のことあれこれ。 By 愛


by silentblue1669
プロフィールを見る

Mari Fujiwara Cello Recital VOL.15 

e0211213_8433432.jpg

昨年の晩秋に渋谷のインストアライブでお聴きしたチェリストの藤原真理さん。お名前は以前から存じ上げていたのですが御縁があり昨年の11月に初めて演奏を聴くことができました。新潟でもリサイタルがないのかなあといろいろとチェックしていたのですが、クラシック離れでしょうか。有名クラシックアーティストの公演も即完売とならない新潟。新潟だけではなく大都市もそうなのでしょうか。

一つだけHITしたのです。どうやら、チャリティコンサートのようです。しかも新発田市で毎年開催されているようです。繁華街新潟市へ出るより車の場合は、断然住んでいるところから近い。それから半年が経ち朝刊の催しをチェックしていましたら、真理さんのお名前がどーんと小さな瞳に入ってきました。日にちは・・・。なんと誕生日です。なんたる偶然。

さて時間は・・・。この日は午前が仕事でした。今回は研修なので休めないし。なんと午後2時からというよい時間です。ダメもとで1週間前に電話して整理券を入手できてあっという間に当日となりお昼ご飯を食べてから新発田市へと出かけたのでした。当日の星占いは、芸術に触れるよき1日と出たのです。

仕事をを終えてお昼ご飯を食べて新発田へGO。あっという間に、リサイタルが始まりました。コーラルピンクのトップスに黒いパンツスタイルで颯爽とピアニストの倉戸さんとステージに現れた真理さん。真理さんのお話は、優しくて時折チャーミングでいらっしゃるんですよね。その時の真理さんの頬が薔薇色なんです。

プログラムは次のとおりです。

ベートーヴェン モーツァルト 歌劇「魔笛」の主題による7つの変奏曲
ドボルザーク 森の静けさ
バッハ 無伴奏チェロ組曲 1番

休憩

ショスタコヴィッチ チェロ ソナタ 作品40
ドビュッシー 子供の領分よりゴリウォーグのケーキウォーク
ラフマニノフ 曲名を覚えられず残念ながら忘れてしまいました。
サンサーンス 白鳥

ドビュッシーのこの曲。誰でも御存知だと思います。チャラッタラッタチャラッララ・・・(笑)。チェロとピアノの共演よかったですね。ピアノでしか聴いたことがないのでとっても新鮮。ラフマニノフの曲名が覚えられずにいましたがラフマニノフやっぱり好きだなあと思います。激動の時代が背景にありその時代が音として表現されていく。

大好きになったバッハの無伴奏チェロ組曲。どの曲も真理さんの奏でるチェロの音色からすっとその時代へといくかのようにあっという間に楽しく穏やかで素敵な土曜日の午後は過ぎてしまいました。

真理さんは、わかりやすく解説してくださりその曲の歴史的背景も話してくださいます。私はピアノを幼稚園の頃から弾いていたのですが高校入ってからはピアノと距離ができちゃいました。時折ピアノの音色が忘れられずこっそり聴いていたり。コンサートへこっそりと出かけたり。また御縁を頂いて真理さんのチェロを聴くようになりクラシックの世界も再び楽しみながら聴くことができるようになるなんて。

御縁を頂きまた御縁が生まれていくこと感謝をと思います。素晴らしきよい誕生日となりました。
[PR]
by silentblue1669 | 2015-06-21 08:46 | アートな世界へ